脊柱管狭窄症/腰痛
2012-06-15 20:45
青山のこり取り職人
記事に戻るコメント(0)を読む・書く
脊柱管狭窄症


背骨を形成している椎骨(ついこつ)には神経の通り道である脊柱管があります。
しかし、何らかの原因により、この脊柱管が狭くなり、神経を圧迫してしまう症状です。
生まれつき狭い方もいらっしゃいますが、多くは加齢などによる変形などがあります。


神経を圧迫し、しびれや痛みを発生させるのでヘルニアと混同されてしまいますが、少し症状が異なってきます。



激しい痛みを伴うヘルニアと違い、
脊柱管狭窄症は座っている時や静かにしている時はあまり痛みは感じません。
長時間歩けなくても、休みながらであれば歩けたりします。


また、姿勢によっても違いがあります。
脊柱管狭窄症の場合は、前かがみになると楽です。
これは一番の特徴かもしれません。
なので、意外と自転車などは平気だったします。

場合によっては手術も必要なので、
上記に当てはまる方は、一度病院での検査をおすすめ致します。




 
ご予約はお気軽に!

青山のほぐし専門店
【青山のこり取り職人】

PC用サイトは【こちら


電話 : 0364592276


〒107‐0062 東京都港区南青山 2−26−34 NBMビル6F
外苑前1A出口 徒歩1分程度
営業時間 11時~21時
定休日 日曜・祝日 
メール : info@koritori-aoyama.com
  
記事に戻るコメント(0)を読む・書く
検索
キーワード

月別アーカイブ
2012年6月 (5)
2012年5月 (2)
2012年4月 (4)
2012年3月 (4)
2012年2月 (4)
2012年1月 (10)
2011年12月 (11)
2011年11月 (13)
2011年10月 (4)

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ
青山のこり取り職人

青山のこり取り職人
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。