椎間板ヘルニア/腰痛
2012-06-12 19:36
青山のこり取り職人
記事に戻るコメント(0)を読む・書く
椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、
骨の間にある椎間板が、正常な位置から突出した病状のことです。


私達の背骨は24個の骨が連なっています。
これらの骨の間には椎間板というクッションの役割を担う軟骨があるのですが、
何らかの原因によってずれてしまい、神経を圧迫する事で痛みやしびれを発生させます。



原因の多くは老化や激しい運動などの過負荷ですが、姿勢の悪さからくるものもあるので、姿勢が悪いと自覚している方はご注意ください。


また、椎間板ヘルニアは腰だけに起こる症状とは限りません。
腰のヘルニアは「腰椎椎間板ヘルニア」と言いますが、頸椎椎間板ヘルニアというように、首のヘルニアもあります。



我々人間は、二足歩行の動物です。
背骨(特に腰)への負担はある意味宿命と言えるので、腰への負担とどう向き合っていくかが重要だと思います。

普段から姿勢を意識したり、マッサージなどでカラダをメンテナンスすることは最大の予防と言えると思います。


 
ご予約はお気軽に!

青山のほぐし専門店
【青山のこり取り職人】

PC用サイトは【こちら


電話 : 0364592276


〒107‐0062 東京都港区南青山 2−26−34 NBMビル6F
外苑前1A出口 徒歩1分程度
営業時間 11時~21時
定休日 日曜・祝日 
メール : info@koritori-aoyama.com
  
記事に戻るコメント(0)を読む・書く
検索
キーワード

月別アーカイブ
2012年6月 (4)
2012年5月 (2)
2012年4月 (4)
2012年3月 (4)
2012年2月 (4)
2012年1月 (10)
2011年12月 (11)
2011年11月 (13)
2011年10月 (4)

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ
青山のこり取り職人

青山のこり取り職人
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。